事業者ローンで安定経営|ローン活用で生活は変わる

自分の家を持つということ

一軒家

資金計画が大切になる

多くの人にとって、自分の家を持つことは昔も今も憧れです。その家が分譲マンションであれ一戸建て住宅であれ、また中古であれ新築であれ、なかなか簡単にできるものではありません。 なぜならば、家を持つためには多額の資金が必要になってくるからです。ほとんどの場合、住宅資金の一部は、貯蓄をして持っていたとしても、残りの資金は銀行等の金融機関から借りることになるはずです。要するに、住宅ローンを組むことになるのです。 そして、家を持つ前には資金計画が大切になります。住宅ローンを組んでも無理をせず返済できるように、住宅ローンに充てることができる月々の金額を算出しておく必要があるのです。そのためには、しばらくの間家計簿を付けてみることです。

無理のない返済額とは

家計簿を付けることで、衣食住に必要とされる金額と各種保険料、子供の将来のために必要な貯蓄額等が分かってくるはずです。 そして、将来家を持った時に住宅ローンの月々の返済に充てることができる金額の目安は、現在住んでいるアパートや賃貸マンションを借りるために支払っている家賃になるのです。 要するに、家賃並みの返済額であれば、それほど生活を切りつめることなく自分の家が持てるということになるのです。 そこで、金融機関が提供している住宅ローンのシミュレーションを利用してみると良いでしょう。シミュレーションでは住宅ローンとして借りる金額と金利、そして返済期間を入力すると簡単に月々の返済額が分かるのです。 そして、シミュレーションで算出された月々の返済額が家賃程度であれば良いことになります。また、金利や返済期間を変えて何通りかシミュレーションしてみることです。