事業者ローンで安定経営|ローン活用で生活は変わる

自宅を活用した資金調達

マンション

これからの融資へのニーズ

高齢化の進展や新規起業へのニーズの高まりなどから、今後も様々な資金調達への需要が高まるでしょう。特に自宅を担保にしてお金を借りたいと考える人が増えるので、不動産担保ローンは今後も有望なサービスです。老後に自宅をリフォームする人に対しては、比較的小口の不動産担保ローンのサービスが提供されるでしょう。また定年退職後に会社を立ち上げるシニア層も増えるので、自宅を担保にしてビジネスに使える資金が調達できるサービスは魅力的です。一戸建て住宅以外にもマンションで暮らす人も多いので、マンションの価値を正しく評価することが不動産担保ローン業者にとっては大きな課題です。そのために不動産鑑定のスキルの向上がさらに必要になるでしょう。

サービスの概要とは

住まいを担保にしてお金が借りられる不動産担保ローンは、最近では小口の利用が可能な点が特徴的です。300万円程度の融資でも利用可能な銀行のサービスもあり、子供の教育資金として活用するケースも多いです。最大で1億円の融資にも対応した個人向けのサービスもあり、収益不動産の購入やアパートの建設でも利用可能です。とりわけ最近注目されているのが、医療目的での活用です。高度先進医療を受けるときには1000万円以上の治療費が必要になるケースも多いので、そのようなときには自宅を担保にしたローンは便利です。しかも適用される金利が3パーセント台のローンもあり、20年以上の長期返済に対応した商品であれば、ゆとりのある返済も実現できるでしょう。