事業者ローンで安定経営|ローン活用で生活は変わる

お金を借りる時の限度額

財布

消費者金融の限度額とは

銀行や消費者金融のカードローンを利用する場合、借入限度額はいくらくらいまでなのか押さえておきましょう。銀行の場合は、特にいくらまでというのはありません。ただし消費者金融の場合は総量規制があり、借入限度額が設けられています。これは借り過ぎを防止するためのもので、2010年施行の法律に、新たに盛り込まれました。消費者金融のカードローンの場合は、その人の年収の3分の1に当たる金額が、借入限度額となります。たとえば年収600万円の場合は、200万円が借入限度額となるわけですが、気をつけておきたいのは、この総量規制は消費者金融すべての利用が対象となることです。そのため消費者金融での利用額が、借入限度額をオーバーすると、新規の借入はできなくなってしまいます。

特徴を把握して使い分ける

限度額を超えても借入をしたい時には、総量規制対象外の消費者金融、または総量規制のない銀行を利用するのがお勧めです。しかしこのような業者であっても、他からの借入件数が3社も4社もある場合は、返済能力を疑問視されて審査で落ちるか、あるいは通っても、借入額が少なくなるかですので、それをよく考えて申込むようにしましょう。また銀行のカードローンは、消費者金融と比較すると低金利ではありますが、審査が厳しくなります。一般に銀行は低金利で審査が厳しく、消費者金融はその逆に、金利が高めで審査が緩くなっています。ですからカードローンを利用する場合は、それぞれの特徴を把握したうえで使い分けるようにすると、借入限度額にも引っ掛かりにくく、効率よくお金を借りることができます。